白山ウォルドルフコミュニティ Hakusan Waldorf Community

北陸にシュタイナー教育を実践する学校をつくります。

シュタイナー教育と北陸が好き。生まれ育った土地でシュタイナー学校にこどもを通わせたい。けれど、ない。そこで、「ないものは創ってしまおう」を始めます。

シュタイナー教育を地域に置くメリットは、物事を深く考察し、解決策を導き出す思考力の獲得、すなわち人間力を高めていく自己教育を共にできるコミュニティが土台にあることだと考えます。世界各地にネットワークをもつWaldorf schools(シュタイナー学校)だからこそできる強力な国際色を柱とした学校づくりを目指し、この春、伝統文化が大切に継承され人情味溢れる北陸の地で、わたしたちは活動を始めます。

北陸と世界との架け橋となる「まなびの庭 にじと白山」は、その第一歩。この講座は、シュタイナー教育について学びながら、思いをともにする人との繋がりを深め、ファンドレイジングも同時に叶えられるようデザインしました。

ひと粒の種が学校として花咲く庭へ、あなたの参加をお待ちしています。


2021年3月
白山ウォルドルフコミュニティ 発起人 矢後千夏

シュタイナー教育とは

オンライン講座開講に向けて

現在集まっているメンバーは、カナダにあるシュタイナー幼稚園の現役教諭が2人と、2人のお母さんと1人のお父さん。仲間と資金を集めるため、まずは大人向けのオンライン講座を始めます。

育児・教育で何を教えるのかではなく、それを伝える私たちがどういう存在でありたいかを共に考え、育ち合う場をつくっていきます。

私たち一人ひとりが持つ特別なギフト、にじいろの光の種を、まなびの庭に持ち寄り共に育てていきましょう。

オンラインまなびの庭 にじと白山


お問い合わせ・ご質問

以下のフォームまたはSNSからご連絡ください。

*support@hakusan-waldorf.orgからのメールを受けとれるようメールフィルタなどの設定をご確認ください
*メールで連絡がつかない場合にSMSでご連絡いたします*日本国外の方は国番号もご記入ください

プライバシーポリシーをご確認の上送信してください